過去に手掛けたオリジナルPC

過去に手掛けたオリジナルPCの一部をご紹介します。

2003年  2002年  2001年  2000年  1999年  1998年

2003年

マザーボードスペースとドライブベイが分離されたサーバーケース

主な用途:ハイエンドビデオキャプチャー/編集、DVDビデオ作成

OS:Windows2000 Professional
MB:TYAN Tiger-MP(AMD-760MP)
CPU:AthronMP2000+(実クロック1.68GHz) ×2
MEM:PC2100 Registered DIMM 512MB×2
Video:GeForceFX5600
MPEGキャプチャ:Canopus MTV-2000
DVキャプチャ:Canopus DV Storm-RT+StormEncorder
RAIDカード:3ware Escalade
HDD:IDE 80GB 7200rpm(システム)×2、80GB 7200rpm×8(RAID0を構成)
外付けHDD:250GB USB2.0接続
CD/DVD:RICOH MP5120(DVD+RW)+SONY DRU-500A(DVD±R/RW)
Sound:Sound BLASTER Audigy Platinum
ケース:フルサイズサーバーケース
電源:Enermax EG651AX
モニタ:Iiyama HA202D(22インチ)

前年に組んだAthronデュアルCPUのMPEG/DVビデオ編集システムの改良版です。TigerMPXとDVStorm-RTの相性が悪く、マザーは旧型のTigerMPを使っています。マザー関係回りとストレージ、電源回りが完全に分かれているので熱的な問題が大幅に改善されています。その代わり、超巨大になってしまいました。ビデオカードのDVIポート側には液晶プロジェクタが接続されています。

Pentium4 1.8Gをオーバークロックで2.4Gで動作させたPC

主な用途:事務処理、テレビ視聴、録画等

OS:Windows2000 Professional
MB:ABIT BH7(i845EP)
CPU:Pentium4 1.8A
MEM:PC3200 256MB×2
Video:ATI RADEON8500LE
TVチューナーボード:Canopus MTV-800HX
HDD:IDE 120GB 7200rpm×2
CD:DVD-ROMとDVD-RWのデュアルドライブ構成
ケース:Windy MT-Pro1100Ω
モニタ:MITUBISHI RDF22X(22inch)等

Pentium4のチップセットも3世代目になり、非常に安定してきましたので、事務処理やTV視聴に使うPCもi845PEベースで組んでいます。サスペンドへの移行/復帰も安定して動作し、普段はWindowsを終了させることもありません。テレビ録画もサスペンドからの復帰による留守録も全く失敗なく実行されます。写真のPCはFSBを533MHzにして2.4GHzで動作させ、かつファンコントローラーでCPUファン、ケースファンの回転を下げていますが、安定性には全く問題ありません。

2002年

Narita_PC_1

主な用途:ビデオキャプチャー/編集、DVDビデオ作成

OS:Windows2000 Professional
MB:ABIT IT7-MAX(i845E)
CPU:Pentium4 1.8A
MEM:PC2100 512MB
Video:Canopus SPECTRA F11PE32(GeForce2MX)
HDD:IDE 40GB 5400rpm(システム)、80GB 7200rpm×2(RAID0を構成)
CD:DVD-ROMとDVD-RWのデュアルドライブ構成
ケース:N/Bスチール(電源:400W)
モニタ:RDT-173M(17インチLCD)

WillametコアのPentium4は消費電力ばかり大きくて性能が出ていなかったので友人が組むのを1台手伝っただけでパスしましたが、Northwoodコアがリリースされて初めて組んだものです。アナログ/DVソースからDVDビデオを作成したい、という要求仕様でしたので、RAIDポート、DVポートがオンボードのマザーボードを使い、80GBのHDD2台でプトライピングアレイを組み、DVD-RドライブにパイオニアのDVR-A04JのOEMドライブを搭載しています。マザーボードの純正オプションのフロントアクセスベイを搭載したので、USB×2、DV、メモリカードスロットがフロントアクセスになっています。

Snappy's_PC-1

主な用途:ハイエンドビデオキャプチャー/編集、DVDビデオ作成

OS:Windows2000 Professional
MB:TYAN Tiger-MPX(AMD-760MPX)
CPU:AthronMP1900+(実クロック1.6GHz) ×2
MEM:PC2100 Registered DIMM 512MB×2
Video:Canopus SPECTRA F11PE32(GeForce2MX)
MPEGキャプチャ:Canopus MTV-2000
DVキャプチャ:Canopus DV Storm-RT+StormEncorder
RAIDカード:3ware Escalade
HDD:IDE 80GB 7200rpm(システム)、80GB 7200rpm×8(RAID0を構成)
CD/DVD:RICOH MP5120(DVD+RW)
Sound:Sound BLASTER Audigy Platinum
ケース:Freeway FWD2000VWWA
電源:Enermax EG651AX
モニタ:Iiyama HA202D(22インチ)

デュアルCPUのMPEG/DVビデオ編集システムを通常入手出来るハイエンドパーツで構成したものです。パーツ代だけで約100万円かかっています。このPCを組んだ時期はまだXeonシステムは安定して使えるパーツが手に入らず、Athronシステムになりました。ビデオ回りはカノープスで揃え、サウンドはSoundBLASTER Audigyにオンキヨーの5.1chシアタースピーカーを組み合わせています。
Athlonのデュアルシステムはとにかく発熱がすごく、安定した運用には熱の管理が必要です。使用しているケースはFreewayの一番大きいサイズのアルミケースで、12cmファンが3機搭載されているものですが、さすがに8台のRAIDディスクを搭載するとケース内の空間が不足し、後日ケースの換装が必要になりました。
デュアルCPUのシステムなので、ビデオ関係の複数のタスクを同時に走らせても全く安定して動作し、DVDの書き込みなども同時に出来ます。

2001年

PentiumV_Base_PC

主な用途:事務処理、テレビ視聴、録画等

OS:Windows2000 Professional
MB:ASUStek TUSL2-C or ABIT ST6-RAID(i815EP B-step)
CPU:Celeron1.2A or 1.1A(FC-PGA)
MEM:PC133 256MB
Video:Canopus SPECTRA F11 PE32(GeForce2MX400)
TVチューナーボード:Canopus WinDVR PCI
HDD:IDE 40GB 5400rpm
CD:DVD-ROMとCD-RWのデュアルドライブ構成
Sound:YAMAHA YMF-744
ケース:Windy MT-Pro1100N4 、A320、Aopen製他
モニタ:Iiyama A702H(17inch)、A201(22inch)等

Socket370のPentiumV時代の終期にTulatinコアのPentiumV/Celeronがリリースされましたが、サーバー用でキャッシュ512MBのPentiumV-Sを除けば両者はFSBの違い位しかなく、コストが約半分のCeleronで何台か組みました。コアクロックはFSB133MHzで運用すると1.4〜1.5GHzに達しましたが、もはやPC133 SD-RAMのメモリ帯域がネックになってそれほど性能は向上しませんでした。
ビデオキャプチャーボードを挿してTV視聴や録画にも使えますが、その場合、ボード付属のソフトは使い勝手が悪いので、ソフトはInfocityのBitcast TVを使っています。

主な用途:事務処理等

OS:Windows2000 Professional
MB:ASUStek CUSL2-C(i815EP)
CPU:PentiumV1B(FC-PGA) or Celeron800
MEM:PC133 256MB
Video:Canopus SPECTRA F11(GeForce2MX)
HDD:IDE 30GB 5400rpm
CD:DVD-ROMとCD-RWのデュアルドライブ構成
Sound:YAMAHA YMF-744
ケース:Windy MT-Pro1100N4 他
モニタ:Iiyama A702H(17inch)、A201(22inch)等

Socket370のPentiumV時代の後期に出たi815チップセットはPentiumV1Gを搭載した時の性能バランスがよく、ASUStekのCUSL2シリーズのマザーボードは特に安定していたのでよく利用しました。この系統のPCは5台ほど組みました。コスト的に厳しい場合はCPUにFSB
が100MHzになったCeleron800を載せ、FSB133MHzの1066MHzで使ったものもあります。

2000年

MTS's_PC

主な用途:事務処理用

OS:Windows98 Second Edition
MB:ASUStek CUBX or EPoX EP-BX7+RAID
CPU:Celeron533A or 566(FC-PGA)
Mem:PC100 256MB
Video:Canopus SPECTRA5400 R2 or ATI RAGE fury
HDD:IDE 28GB 7200rpm or 30GB 5400rpm
CD:CD-RWドライブ
Sound:YAMAHA YMF-742
モニタ:Iiyama A201(22inch)

CeleronがPPGAからFC-PGA(カッパーマインコア)に移行し、オーバークロック耐性が大幅に向上したのを受けて、元々FSB66MHzのCeleronがFSB100MHzで安定運用出来ることのテストを兼ねて組んだものです。よって、コアクロックは800 or 850MHzで常用するようにチューニングされています。

主な用途:事務処理用

OS:WindowsNT4.0 SP6a
MB:Aopen AX6BC Type-R VspecU
CPU:PentiumV600(Slot1)
Mem:PC100 256MB
Video:Canopus SPECTRA5400 R2(RIVA TNT2 32MB)
HDD:IDE 28GB 7200rpm×2(ミラーリングで運用)
CD:CD-ROMドライブ
MO:640MB MOドライブ(オーバーライト対応)
Sound:YAMAHA YMF-742
モニタ:Iiyama A201(22inch)
ケース:Aopen製

某企業の伝票処理専用機としてNTカーネルのWindowsを動作させることを前提に組んだものです。すでにWindows2000はリリースされていましたが、まだ安定していなかったので、あえてWindowsNT4.0を使いました。データの保全にはHDDのミラーリングとバックアップ用のMOドライブで対応しています。

1999年

主な用途:ミュージックデータ作成

OS:Windows98
MB:GIGABYTE GA-BX2000(440BX)
CPU:Celeron300A(PPGA)
Mem:PC100 128MB
Video:i740 8MB
HDD:IDE 10GB 5400rpm
CD-RW:YAMAHA CRW4412(SCSI)
Sound:SoundBLASTER Live!
ケース:CAT-6009-6
モニタ:Iiyama A702H(17inch)

当時大流行したCeleron300Aで、FSB100MHzセッティングの450MHz駆動です。SoundBLASTERLive!と付属のソフトを利用して主にMIDI PCとして使われました。

主な用途:インターネットPC

OS:Windows98
MB:PC Chips M741LMRT(SiS620)
CPU:Celeron300A or Celeron433(PPGA)
Mem:PC100 128MB
Video:チップセット内蔵
HDD:IDE 8.4GB 5400rpm
モニタ:SOCOS製(17inch)

PC ChiipsのSiS620チップセットのマイクロATXマザーボードを搭載したベアボーンがベースのシステムで、性能的には凡庸ですが、Win98との組み合わせで非常に安定しており、計5台ほど製作しました。これもCeleron300AのものはFSB100MHzセッティングの450MHz駆動です。

主な用途:ビデオキャプチャー/編集

OS:Windows98 Second Edition
MB:ASUStek P3Bー1394(440BX)
CPU:PentiumV500E(FC-PGA)
Mem:PC100 128MB
Video:ATI All-in-Wonder 128
HDD:IDE 27GB 7200rpm+IDE 75GB 7200rpm
CD:RICOH MP9060(DVD-ROM/CD-RWコンボドライブ)
FDD:スーパードライブ(LS-120)
CASE:Windy MT-Pro700 Betty
モニタ:Iiyama A702H(17inch)

当時流行ったVAIOのマイクロタワーに近いPCを自作しようということで、当時のハイエンドパーツを使って組み上げたものです。アナログ系はビデオカードのキャプチャー機能を、DV系はマザーボードのオンボード1394ポートを使ってビデオが扱えるようにしています。ケースはMT-Pro700の初期モデルですが、これは冷却能力がそれほど高くなく、データドライブとして導入したIBMの75GBHDD(当時5万円もした)の発熱を処理しきれずに苦労しました。

1998年

主な用途:主に事務処理用

OS:Windows98
MB:Aopen AX6BC Type-R or ABIT BH-6
CPU:Celeron300A(Slot1)
Mem:PC100 128MB
Video:RivaTNT 16MB
TVチューナー:NEC地上波受信ボード
HDD:IDE 10GB 5400rpm
CD:CD-RWドライブ
Sound:YAMAHA YMF-742
ケース:TP-800DA他
モニタ:(17inch)

当時オーバークロック機能を搭載して人気があったAopenのAX6BC Type-RとABITのBH-6にCeleron300Aを載せて主にインターネットや事務用に何台か組みました。もちろんFSB100MHzでCPUのコアクロックは450MHzで常用出来るものです。中には出始めのTVチューナーボードを載せてTV視聴が出来るようにしたものもありましたが、この頃の性能ではまともにビデオキャプチャするのはかなり無理がありました。

Inter DirectのトップページへInter Directのトップページへ

Copyright (c) 2004 Inter Direct All Right Reserved
ニュースキンジャパンのダイレクトショップ
ニュースキンジャパンの栄養補助食品